活動日記

「産直小松菜・みず菜の産地見学」(焼山)2019/10/10

愛情たっぷりの小松菜・みず菜、おすすめです!

9月24日(火)、産直の小松菜・みず菜を作っていただいている「広島市活力農業グループ」に、20名でおいしい野菜の秘密を探ってきました。
まずはハウスの見学です。大規模なビニールハウスで、こだわりの土作りや水撒きなどのの近代的な施設で、生産管理されたみずみずしい野菜を作られていました。見学後は、みず菜の収穫体験をさせていただきました。これは手作業ではさみで摘み取りました。暑い時期にビニ―ルハウスの中での収穫作業は、本当に大変だろうなと感じました。その後は、野菜の外葉の摘み取りです。痛んだりした葉などをどんどん取っていき、半分以上落とします。そうして商品になるとお聞きして、本当にもったいないけどおいしい中心部分のみを食べる事が出来るのだなと思いました。それを計量して袋詰めします。作業場では、若い方が作業されていて、とっても活気があり嬉しくなりました。
見学後は、お忙しい中3人の生産者さんに会場に来ていただき、昼食交流しました。参加者からも沢山の質問がされ、真剣に答えていただきました。これから農業を頑張っていこうという思いが伝わってきて、その勇気を頼もしく感じました。これからも、感謝して食べたいと思います。
皆さんも県内で作られている、新鮮で愛情たっぷりすくすく育った柔らかい小松菜・みず菜を食べてみてください。これからのお鍋に、小松菜もお勧めだそうですよ♪

焼山コープ委員長会

191010komatuna4.jpg 191010komatuna1.jpg
広島市活力野菜G戸山地区生産者
(宮脇・山本・桑原さん)みんなイケメンでした
ハウスの暑さを忘れて宮脇さんの話に集中
191010komatuna3.jpg 191010komatuna2.jpg
JA広島市日田さんから、活気ある地域農業の
取り組みを聞いて、納得・関心・感謝
こんなに落とすのもったいなくて申し訳ない