いわて生協から「ひっつみ隊」がやってきました|新着情報

いわて生協から「ひっつみ隊」がやってきました2018/12/12

181208iwate.JPG12月7日(金)、8日(土)、いわて生協の組合員さんと職員計5名が西日本豪雨災害の被災地にある仮設住宅を訪れ、岩手の郷土料理「ひっつみ」を振る舞いました。7日(金)は坂町の仮設住宅でお昼と夕方の2回に分けて120杯を、8日(土)は天応の仮設住宅で60杯を提供、急激に気温が下がった両日でしたが、皆さんに温まっていただきました。「仮設の台所は使いにくくて料理がおっくうになっていた。久しぶりに具だくさんのお汁を食べておいしかった!」と顔をほころばせながらひっつみを食べてくれる方も。東北岩手から温かいひっつみと温かい気持ちを届けてくださったいわて生協の皆さんありがとうございました!

 

 

181207iwate1.JPG 181207iwate5.JPG
具だくさんのお汁にひっつみを入れます 「私たちは岩手から来ました」の言葉に涙ぐむ人も
181207iwate3.JPG 181207iwate4.JPG
じゃん。ボリューム感たっぷりでおいしそう おしゃべりに花が咲きます
181208iwate2.JPG 181208iwate3.JPG
急に冷え込んできたので温かいお汁が喜ばれました 岩手と広島、心の距離がぐっと近まりました