全国から1,200名の組合員さんが参加 「虹のひろば」|新着情報

全国から1,200名の組合員さんが参加 「虹のひろば」2010/08/06


100805_r_a.jpg
フィナーレを飾った「虹のひろば合唱団」による平和の歌

 

全国の生協の組合員さんが集い、平和活動の報告や参加型の出展ブースを通して平和について学ぶ「虹のひろば」が8月5日(木)、広島県立総合体育館で開催されました。宮城県や愛媛県など53生協、約1200名の仲間が参加。ステージは「核兵器廃絶に向けて気運が高まるなか、再検討会議が行われたニューヨークでの生協の力は大きかった。核廃絶を目指して、次の世代へ最低限の責任を果たしたい」との秋葉忠利広島市長からの挨拶とともに幕を開けました。県外から訪れた子どもたちも積極的にブースをまわり、平和について自ら考える機会となったようでした。

 

100805_r_b.jpg
秋葉忠利広島市長から「生協に期待する」と激励していただきました
  100805_r_c.jpg
「核兵器へレッドカード!」裏に平和メッセージを記入しました(呉平和委員会)
100805_r_d.jpg
県外の方へのお土産に、平和のメッセージが書かれたしゃもじが渡されました