活動日記

「迎春用かまぼこ試食学習会」(竹原)2014/11/05

s-kamaboko.jpg s-kazari.jpg

▲生協の蒲鉾のこだわりを楽しく学習しました

▲飾り切りも教えて頂きました。とってもきれいにできました

 

 10月30日(木)に竹原市民館で、コープCSネット日配課から赤澤さんやかまぼこメーカー2社に来ていただき迎春用かまぼこの学習会をしました。それぞれのかまぼこの特徴やおいしさを聞き、いろいろなかわいい楽しい飾り切りを教えてもらいました。

大留蒲鉾㈱「CS仙崎産やきぬき蒲鉾賀春紅白セット」は、「えそを100%使用し、でんぷんを使わず、焼きぬきで製造しています。」と河野さん。味は、魚の旨味があり、シコシコとしたしっかりした歯ごたえのある蒲鉾でした。通な大人向きのおいしさです。

フジミツ㈱「CS鯛入り迎春蒲鉾紅白セット」は、「国産のれんこ鯛を30%も使用し、つなぎのでんぷんはたったの2%(通常5%以上)、山高の見栄えの良い形にこだわりました。」と岡村さん。味は、鯛のやさしい旨味で甘味もあり、子どもが喜びそうなおいしさです。

どちらも通常この品質だと、2000円で売れる商品を生協では2本で1000円前後と、超お買い得!!今まで、なんでお正月の蒲鉾は高いんだろうと思っていましたが、今日の学習会で納得しました。皆さんも、ぜひ購入して、このおいしさを知って下さいね。

 

竹原コープ委員会