> 新着情報 / 緊急メッセージ

緊急メッセージ

謹んで新春のお慶びを申し上げます

 hayasi.jpg

 理事長 林 辰也

 

 

旧年中は、生協ひろしまに格別のご愛顧とご協力を賜り心から感謝申し上げます。皆様のご健康と平安を祈念申し上げます。

 

昨年を顧みると、鮮明に記憶に残ることは、3月11日に三陸沖を震源に発生したマグニチュード9.0の大地震と大津波により多くの尊い生命が奪われ、廃墟と化した被災地の惨禍の光景です。未曾有の大震災と原発事故から9ヵ月が過ぎた現在、復旧・復興に向けての膨大な瓦礫の処理と放射性汚染物質の徐染作業が困難に直面しています。福島原発事故は収束のめどが立たず、環境、健康、生活に深刻な影響が懸念され、被災者は将来にわたる脅威に怯えながら、厳寒の下で苦悩の厳しい生活を強いられています。

 

新年を迎え、被災者の皆さんには、希望を生み出す年となることを心から祈念いたします。

 

一方、震災救援活動にあたっては、大震災発生直後から国内はもとより世界150カ国・地域から支援と救援の手が差し伸べられ、人間としての連帯感と「助け合いのこころ」の拡がりを実感しました。そして、苦難の中で不自由な避難生活を強いられている被災者の「忍耐」、他者への「思いやり」と「絆」の強さに深い感銘を受けました。また、生協の救援活動には目覚ましいものがあり被災者や行政等から高い評価を受けました。被災地の生協は、自らも被災しながら、組合員の安否確認と被災者への救援活動に奔走し、日本生協連を中心に全国の生協が連帯して被災地の生協応援に取り組み、生協の組織力が大いに発揮されました。生協ひろしまは、ご案内のように救援募金活動及び延べ42名の職員を派遣しました。これらの支援活動を通して私たちは、生命の尊厳、家族と地域の絆、協同の大切さを再認識しました。生協ひろしまは、地域社会の中で『食と暮らしの安全・安心』を理念に「協同の力」により組合員の皆様の様々な暮らしの願いを実現するために購買事業を中心に福祉、共済事業および平和、環境、食育、地産地消等の推進活動に取り組んできました。
今年は新たな課題として、原発とエネルギー問題及びTPP(環太平洋連携協定)参加問題について、組合員の皆様と共に学習を進めて参りたいと存じます。
今年も心新たに、組合員の皆様と地域社会の多様なニーズに応えるべく、事業および諸活動に積極的に取り組んで参ります。
皆様の一層のご協力とご支援をお願い申し上げます。

2012年1月  

トップページに戻る≫

はじめての方 | インターネットショッピング | みんなの取り組み | みんなの広場 | お役立ちサービス | 生協ひろしまについて
ぱれっとパークweb TOPへ このページ上部へ
お問い合わせはお客様専用フリーダイヤルで0120-500935 受付時間8:30~21:00 日曜日休み
生協ひろしま
〒739-0495 広島県廿日市市大野原1-2-10