市民平和行進 「つなげよう平和への思い」|新着情報

市民平和行進 「つなげよう平和への思い」2013/08/05

 

s-130804_1.jpg8月4日(日)市民平和行進 が行われました。今年は昨年の2コースから稲荷橋~平和公園の1コースに集約。コースとしては昨年より多い510名の参加がありました。日曜日の開催ということもあり、家族での参加が目立ちました。被爆68年目の夏、被爆者の平均年齢は78歳となります。被爆の実相を次の世代が語り継いでいくことが課題となっています。今年は多くの若い世代や子どもたちの参加がありました。平和への思いを次につなげる平和行進となりました。

 

 

 

 

 

 

s-130804_2.jpg s-130804_3.jpg s-130804_4.jpg
 出発式では県被団協の吉岡さんよりご挨拶をいただきました

 「広島の外では被爆の情報はあまり伝わってませんもっとアピールが必要」と中区ブロック長の大内さん

 「小さなことの積み重ねで世界が変わる」蒲原みなみさんによる平和和宣言。
s-130804_6.jpg s-130804_5.jpg s-130804_7.jpg
 出発前に虹のコーラスのみなさんと一緒に「青い空」を練習しました  各支所、店舗、部署からたくさんの職員が駆けつけました  今年は親子での参加がたくさんありました
 s-130804_9.jpg s-130804_10.jpg s-130804_10.7.jpg
 行進がスタート平和公園を目指します  行進は胡町、薬研堀通り入り口付近を通過  被爆当時もあった福屋デパート前を通過
s-130804_10.5.jpg s-130804_10.8.jpg s-130804_11.jpg
 68年前のあの日と同じように広島の街を電車が行き交います  突然雨が降り始めました、しかし行進は元気に続きます   「戦争も核兵器もない未来を築きましょう~っ」
s-130804_15.jpg s-130804_12.jpg s-130804_17.jpg
職員も元気に平和をアピール  子どもたちも大人に混じり一生懸命歩きます  声出し隊のリードで行進は進みます
s-130804_16.jpg s-130804_18.5.jpg  s-130804_19.jpg
 福井県の坂井きらめきサロンから託された折鶴。3年かけて折ってくださいました   被爆建物の旧日本銀行広島支店前を通過 「がんばってー」コープあいちから訪れた組合員さん
s-130804_20.jpg s-130804_21.jpg s-130804_22.jpg
平和大橋を渡る市民平和行進 平和記念公園に到着しました  原爆死没者慰霊碑に献花を行いました
s-130804_23.jpg s-130804_30.jpg s-130804_24.jpg
原爆で犠牲になられた方へ全員で黙祷を捧げました  参加者で集い平和行進の集結式を行いました  県被団協の坪井さんよりメッセージをいただきました。坪井さんは今年で88歳になられます
s-130804_25.jpg s-130804_26.jpg s-130804_27.jpg
 松井市長のメッセージを代読される西藤副市長  「二度と同じ思いと苦しみをさせてはならないという被爆者の願いを伝えて行くことが平和活動の原点です」と盈進中学一年の池田風雅くん

池田くんのメッセージに参加者は胸を打たれました。継承の芽が確実に育ってることを実感しました

s-130804_28.jpg s-130804_29.jpg s-130804_31.jpg
 短冊にはたくさんの平和への思いが記されていました。  気温30℃を超える猛暑の中、子どもたちも最後までがんばりました。   平和への熱い思いが託されました