呉市と災害時物資供給協定を結びました|新着情報

呉市と災害時物資供給協定を結びました2012/03/26

              s-IMG_8065.jpg      
              握手を交わす小村市長(左)と林理事長      

 

3月26日(月)、呉市役所で呉市と生協ひろしまの「災害時における応急生活物資の供給の協力に関する協定」の調印式が行われました。この協定は地震などの災害時に、市民生活の早期安定を図るため、食料や生活必需品を優先的に呉市に供給するものです。また、物資提供だけでなく、平時から防災情報を交換し市の災害対策訓練などに生協ひろしまの職員も参加し連携を強めます。
調印式で呉市の小村市長は「東日本大震災の様な大災害時に、どう生活物資を届けるかが課題の中、様々な商品を扱う生協ひろしまとこの協定を結べたことはとても安心感がある」とコメント。生協ひろしまの林理事長は「我々は日頃の配送業務で呉の土地事情を把握している。災害時にはこのノウハウを生かし、市民のみなさんの期待に応えたい」と発言されました。

 

 

s-s-IMG_8054.jpg s-s-IMG_8047.jpg s-s-IMG_8048.jpg
 協定書にサインする様子

 「とても安心感がある協定」

「市民のみなさんの期待に応えたい」