「於手保あきろまんの会」収穫祭を行いました |新着情報

「於手保あきろまんの会」収穫祭を行いました 2015/11/02

syuukaku1.JPG

11月1日(日)、安芸高田市の於手保地区で「於手保あきろまんの会」の収穫祭が行われました。この会は、田植えから稲刈りまでシーズンを通して米作りの体験を行うことを目的としており、収穫祭は自分たちで作ったお米を食べるという会の集大成の企画になります。当日は、ご飯炊き、豚汁づくり、餅つき、焼きいも、を全員で分担。小さな子どもも米を研いだり、おいもを新聞紙に包んだり、少し大きな子どもは薪を割ったり、包丁を使って野菜を切ったりと、できることを手伝いました。約2時間半の作業を終え、炊きあがったご飯を食べた参加者たちは口々に「おいしい!」と満面の笑顔でした。

  19家族72名の組合員さんが参加しました

 

 

 

 

syuukaku2.JPG syuukaku3.JPG syuukaku4.JPG
「子どもが思ったより包丁を使えることにびっくり」というお母さんも もみがらの中でおいもをじっくり焼きました 子ども用の杵で餅つきも体験しました