第2陣が東松島市と仙台市内の仮設住宅に行きました|新着情報

第2陣が東松島市と仙台市内の仮設住宅に行きました2012/10/12

 121012_a.jpg
夕食前に行列ができした

10月12日(金)。お好み焼き隊第2陣の活動は2日間の任務を終えました。今日は、午前中に東松島市、午後には、仙台市若林区の仮設住宅に行きました。

【現地スタッフより】
昨日は大半がお年寄りでしたが、今日の午前中は若い方もいらっしゃいました。みやぎ生協さんのお手伝いとともに、仮設住宅にお住まいの若いママさんも手伝ってくださり、たいへん助かりました。

2日間通して感じたことは、仮設住宅にお住まいの方は皆さん明るかったことです。悲しくてつらい思いをされた方がいらっしゃいましたが、「くよくよしてもしょうがない」とのこと。本当のお気持ちはわかりません。敢えてそうされているのかもしれないとも感じました。
お好み焼きはたいへん好評でした。生地にキャベツをのせるので驚いておられました。オタフクソースの味も「おいしい」と評判でした。広島の心と味をお伝えできたのではないかと思います。

 

 121012_b.jpg

121012_c_1.jpg

121012_d.jpg
職員や組合員さんが作ったのれん。行けない人たちの気持ちも届けました 若いママさんがいらっしゃいました。子どもたちにも元気に食べていただきました 朝の部の準備中。カウンターにメッセージ入りののれんがぶらさがっています