ぜったいじまんインフォメーション|新着情報

ぜったいじまんインフォメーション2012/06/11

自信をもっておすすめします!

 

CO・OP

子持ちししゃも

 

ss-shishamo.jpg
     

原魚は、脂のりが良く卵率が高いノルウェー産を使用しています。

水揚げしたものを船の上で冷凍し、下関市にある工場へ搬送。工場へ運ばれた原魚は10℃以下で、20~48時間かけて自然解凍が行われ、半解凍された後、塩分濃度4%の塩水に漬け込まれます。

魚体の塩分を均一にするため、6~20時間漬け込みを行います。また、塩に漬け込むことにより、卵がプチプチした食感になります。

使用する塩は、長崎県五島列島の藻塩に限定。天然に近い味が特徴です。その後、臭みをとりのぞく「水洗」」などの工程を経て、「乾燥」を行います。網などに置いて乾燥をすると皮がはげるおそれがあるため、1尾ずつ等間隔に吊るして、冷風乾燥機に約1,5時間~2時間あてます。

乾燥する時間は原魚の大きさや湿度によって左右されるため、季節によって変えています。

乾燥後はIQF凍結と呼ばれる方法で、ししゃもを吊るしたまま急速凍結します。1尾ずつ間隔をあけて吊るしているため、素早い時間で品質を維持したまま凍結させることが可能です。それから「串抜」、「包装」の工程を終えて、組合員さんのもとへ送られます。原魚が搬送されてから袋詰めまでは、およそ5日間。短時間で表面だけを塩漬けすることもできますが、丁寧にじっくりと時間をかけて作業を行いおいしさをお届けしています。

 

btn_chirashi.gif

 

 

jiman_b.jpg 

組合員さんと職員の声から品質、味、価格に絶対の自信が持てる普段使いの商品を選びました。このマークが目印です。