ぜったいじまん商品みつせ鶏|新着情報

ぜったいじまん商品みつせ鶏2011/11/23

  

かむたびにでる肉のうま味!

生協ひろしまのぜったいじまん商品「みつせ鶏」。求めたのはほどよい食感と豊かな風味です。みつせ鶏はやわらかすぎず、地鶏のように固すぎない食感とコクのある風味を持つのが特徴です。

 

みつせ鶏の紹介動画はこちら (YouTubeにリンクしています)

 

 

pal2.jpg

▲共同購入・個別配送では12月1回配布の「PALめーる」で産直みつせ鶏フェアを開催

 

 

生協のお店でもみつせ鶏の商品をご購入いただけます!ぜひご来店ください!

店舗一覧はこちら→

風味豊かな味わい

みつせ鶏は佐賀県の三瀬村で研究を繰り返した末に誕生しました。求めたのはほどよい食感と豊かな風味。みつせ鶏はやわらかすぎず、地鶏のように固すぎない食感とコクのある風味を持つのが特徴です。 みつせ鶏は主に山間部に設けられた風通しの良い開放鶏舎で平飼いにして育てられます。鶏舎内は消毒などを徹底し、床面に有効微生物を活用することで鶏糞などによる異臭を抑え清潔に保たれています。
豊かな風味をつくるための一番の要因は餌です。みつせ鶏に与えある餌は米、麦、大豆などをふんだんに使用した植物主体のもの。この餌がうまさの秘密である良質な脂肪分を生み出します。みつせ鶏は低脂肪でありながらリノール酸、アラキド酸などの旨味成分をたっぷり含んだ他の鶏とは一味違う風味豊かな味わいを楽しめます。


こだわりの飼育方法

鶏にも野菜と同じように「旬」があります。歯ごたえとやわらかさのバランスがとれ、一番おいしいと感じるのが生後約80日前後。一般若どりが50~55日で出荷するのに対して手間もコストもかかりますがおいしさを届けるためみつせ鶏は生後約80日を出荷の目途にしています。
 こだわるのはおいしさだけではありません。農林水産省で定められている抗生物質等を使わない期間(休薬飼料期間)は7日間とされていますがみつせ鶏は出荷前後約60日間を休薬飼料期間としています。みつせ鶏は安全性にもこだわり、長期間に渡って抗生物質や合成抗菌剤、色素剤を使わない休薬飼料飼育を行っています。

jiman_b.jpg 

組合員さんと職員の声から品質、味、価格に絶対の自信が持てる普段使いの商品を選びました。このマークが目印です。