石見の生産者さんとの交流30周年|新着情報

石見の生産者さんとの交流30周年2010/10/31

101031_main.jpg
約240名が参加しました

生協ひろしまの前身である広島県民、広島中央市民の両生協との交流が1981年に始まってから30年。野菜BOXやお米の供給、稲刈り体験などでお世話になっているJA島根おおちの生産者さんと、30年という区切りの年に、より交流を深めようと、「30周年記念産直交流会」が島根県邑智郡邑南町で開催されました。当日は、30年前よりこの取り組みに参加されている組合員さんや、地元生産者さんなど、約220名が参加。組合員さんと生産者さんが、同じテーブルで石見野菜や地元でとれたハーブ米を食べながら交流し、「野菜づくりの苦労」などについて、直接聞いて、お互いの理解を深めあいました。

 

101031_a.jpg
おっ!さつも芋が出てきたぞ!うまく掘りだせるかな?
  101031_b.jpg
もちつきは子ども達に大人気。お餅はぜんざいの中に入れていただきました
101031_c.jpg
中野大元神楽団による神楽も行われました。迫力ある演技に大喝采