マツダスタジアムから平和の願い|新着情報

マツダスタジアムから平和の願い2010/08/10

100806_a.jpg

キャンドルで作られたピースライン

「原爆の日」の8月6日(金)、マツダスタジアムにキャンドルの灯でピースラインを作り、平和を祈ろうとピースラインメッセージが行われ、生協ひろしまの職員17名が実行委員会である広島市立大学の学生たちのサポートをしました。当日は、約2000個のキャンドルを原爆ドームと同じ25mの高さの位置の観客席に並べ、19時に平和記念公園の「平和の灯」から採火してきた火をすべてのキャンドルにひとつずつ灯火。空が暗くなると、観客席にはキャンドルの光でできたピースラインが浮かびあがりました。この灯は、22時まで灯され、「あの日」失った命への哀悼の気持ちを表しました