職員米作りの会、新米を食べました|新着情報

職員米作りの会、新米を食べました2009/11/22

091122_a.jpg
おいしさもひとしお!

11月22日(日)、島根県邑智郡で職員米作りの会の面々が9月27日に収穫したお米の「試食会」を開催しました。当日は職員とその家族35名が参加、各々土鍋とコンロを持ち寄り、自分たちで収穫したお米を炊いて食べました。今年取り組んだ無農薬栽培は、雑草だらけになり収量も減りました。来年への課題は山積みですが、米作りの会会長の山田(五日市支所副支所長)は、「活動を広げるため、組合員さんにも販路を広げたい」と意気込んでいました。

 

091122_b.jpg
職員の家族の参加も多くあり、子どもたちの食育の場にもなります
  091122_c.jpg
土鍋とコンロ持参で炊飯しました。鍋底にうっすらできるおこげが最高!
091122_d.jpg
米作りの会会長の山田副支所長(五日市支所)「次は一歩進んだ活動にします」