石見大交流会で、土の恵みを堪能|新着情報

石見大交流会で、土の恵みを堪能2009/11/10

091110_a.jpg
地元食材をふんだんに使った昼食をいただきました

11月10日(火)島根県邑南町で石見大交流会が行われ、約90名が参加しました。生協BOX野菜生産者会会長の寺本さんから、自給率には残食率の多さが関係しているとの説明があり「地産地消が多く呼びかけられていますが、地の物を食べる前に、もったいない精神をもってほしい。そうすればもっと自給率も上がるはず」と思いを伝える姿に、参加者も大きくうなずいていました。実際に見て、食べて、話して交流し、食について考えるきっかけとなったようでした。

 

091110_b.jpg
白ねぎのほ場を見学しながら、生産者さんから説明を受けましました
  091110_c.jpg
石見野菜の販売。キャベツ、ひらたけ、水菜などが販売されました
091119_d.jpg
生協BOX野菜生産者会会長の寺本さん