ぶどうの学習。第1回もっとひろしま天然スウィーツ交流会を開催|新着情報

ぶどうの学習。第1回もっとひろしま天然スウィーツ交流会を開催2009/09/05


090905_b_a.jpg

果物の産地交流は初めての取組みでした

広島県内で、有数のぶどうの産地である福山市沼隈町のぶどう畑を訪ね、生産者さんと交流を深める産地交流会が、9月5日(土)、地産地消推進委員会の主催で開催されました。当日は、170名を越える応募の中から抽選で45名の方が参加、生産者の方に教えていただきながらニューベリーAの収穫を体験させていただきました。参加者の中には、「沼隈でぶどう」というイメージがない方も多く、地産地消運動をすすめるきっかけのひとつにすることができました。

 

090905_b_b.jpg

生産者さんに上手なとり方を教えていただきました

090905_b_c.jpg
もっとひろしま天然スウィーツ交流会実行委員の組合員さん

090905_b_d.jpg

ぶどうの粒数当てクイズで粒をはずして数えました。正解は65粒でした