MANABIカレッジのロゴ制作

広島在住で世界で活躍するイラストレーター

カミガキヒロフミさん

カミガキヒロフミ/IC4DESIGN

2006年有限会社IC4DESIGN設立。現在6名。
広島を拠点に、日本だけでなく、アメリカ、ヨ ー ロッパ、中東などの仕事も手がけ、国内外を問わない活動を行っている。
TIS会員。
The New York Times Magazineのカバーイラストを経て、2010年全米の鉄道の祭典、National Train Dayのメインイラストレーターに就任。同年5月、広島のGallery Gにて個展を開催、1600人を動員。2013年メルセデスベンツ(Turk)のキャンペーンイラストレーション、 同年3月「 瀬戸内フルーツジュレ」est-etto(アヲハタ)のブランドコンセプトおよびパッケ ージデザイン、同年5月 Googleの新しいコミュニケーションツール“ハングアウト”の絵文字を制作。世界中のユーザーに利用されている。 2014 年、迷路本というカタチを借りて、子供の頃の夢を叶えた絵本「迷路探偵ピエール」を制作。同年に国内版、15年9月に海外版(28言語、30カ国以上)を出版。続編を2017年3月に日本、9月に世界各国で出版。
バートンのスノ ーボードグラフィックに採用(2016年、2017年全世界向けキッズモデル“AFTER SCHOOL SPECIAL”)。
2016年、国連 UN Womenキャンペーンイラストを制作。カンヌライオンズ2017で銅賞受賞、ONE SHOW 2017で銀賞・銅賞・メリット受賞、ドバイ・リンクスで金賞3つ受賞、D&AD 2017でウッドペンシルを受賞。

MANABIカレッジ / ロゴ制作

学ぶことは楽しい!もっと学びたい!
というイメージを、明るく楽しいビジュアル表現することを心がけて、ロゴマークを制作しました。
「MANABIカレッジ」の頭文字である「M」の文字を作っている様子は、頭や意識を柔軟にしようという発想です。
ロゴマーク全てを手書き表現することで、楽しさだけでなく、親しみやすさ、優しさを合わせて伝えることができれば、と思います。

MANABIカレッジ / ロゴ制作

Webで簡単申込み