お問い合せ・資料請求

住宅総合診断

地震から住まいを守るため耐震診断に基づいた補強工事をおすすめしています。

耐震診断で地震に強い安心な家に

私たちが考える「住宅総合診断(耐震診断含む)」は、「家守り」の視点から考えられています。
「家守り」とは「お客様の大切な家をいつまでもお守りする」という意味が込められています。
例えば、車には「車検」という制度があり、数年に一回の点検が国によって義務づけられています。
ところが家には、そのような制度がありません。
普段の暮らしの中で不具合が目で確認できるものは対応できたとしても、
普段気づかない部分(例えば屋根、床下、天井裏など)を確認することは至難の技といえます。

「住宅総合診断(耐震診断含む)」は、普段気づかない部分を専門のスタッフが点検、お客様に報告するところまでをしっかりと行います。

こうして今住んでいるご自宅の現状を把握いただくことが、「家守り」に繋がると考えます。
尚、診断自体はご要望があれば無料で行わさせていただきます。

地震による家の倒壊から一人でも多くの命を守る

コープハウジングひろしまでは「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)」の耐震技術認定を受け、地震による家の倒壊から一人でも多くの命を守るため耐震診断や補強工事を行っています。

耐震診断の対象となる家屋

  • 造在来工法2階建て以下の家屋であること
  • 持ち家であること
  • 昭和25年以降平成12年5月までに着工された家屋であること

耐震診断の流れ

1.お申込み
2.現地調査

床下、屋内、天井裏、外観等をチェック

  • 地盤、基礎
  • 壁のバランス(建物の形・壁の配置)
  • 壁の量(筋交い・壁の割合)
  • 老朽度

調べます。

  • 基礎の強度を測定中
    床下
    基礎の強度を測定中
  • 湿度を測定中
    床下
    湿度を測定中
  • 筋交いのチェック中
    井裏
    筋交いのチェック中
3.専用ソフトを使い耐震強度の
診断書・補強の提案書を作成します。

例:診断書・提案書

不具合箇所をお知らせするだけでなく、今後のメンテナンスについてもアドバイスします。診断後に無理な勧誘や営業は致しません。

耐震についてのお役立ちページ

ページトップへ戻る