お問い合せ・資料請求

屋根リフォーム・外装塗装について

太陽光発電システムについてタイトルイメージ

「家守り」の視点から、快適に暮らしていただくためのご提案をいたします。

屋根リフォーム

屋根リフォーム・外装塗装について イメージ1

自宅屋根の状態を見ることは、困難なケースが多いと思います。
気づかないうちに雨漏りが進行し、家自体の致命傷になることだってあります。
できるだけ定期的に点検することで、家をより長く快適な状態に保つことが出来ます。

私どもは「家守り(※)」の視点で、「住宅総合診断(耐震診断も含む)」を無料で行わさせていただきます。
あくまでも家の状態を確認していただくことが目的ですので、この時点では営業活動を一切行いません。

屋根は家にとって大変重要な部分です。
屋根リフォームの種類には、「屋根の全面葺き替え工事」「棟瓦取り直し工事」「瓦一部差し替え工事」「水切り板金工事」「カバー工法」「屋根塗装工事」などあり、瓦の種類によって工事内容が異なります。

わたくしたちは、無理なリフォームをお勧めいたしません。
屋根の種類、工事内容のメリット・デメリットをしっかりとお客様にお伝えした上で、ご判断いただきます。

コープハウジングひろしまなら、安心して「屋根リフォーム」をお任せいただけます。

※コープハウジングひろしまが提唱する「お客様の大切な家をいつまでもお守りする」という考え方

外壁塗装

屋根リフォーム・外装塗装について イメージ2

現在の外壁仕様がどうなっているかで、リフォームの種類も異なります。
モルタル吹きつけ仕様、サイディング仕様、タイル仕様など、それぞれにあった工事が必要になります。
一般的な吹きつけ塗装仕様は、約10年で塗り替えの時期がくると言われています。
特に湿気が多い所、雪が多い寒冷地など条件が悪い場所では、耐用年数も短くなってきます。
外壁は屋根などと違って、日常的に確認しやすい部分です。

塗膜が剥がれていたり、クラック(ひび割れ)が目立っている場合などは、早い時期に塗り替えが必要となります。また、チョーキング現象(手に白い粉がつく)なども塗り替えのサインといえます。

あと気をつけなければならないことは、外壁塗装工事の場合は、塗料の濃度基準があり、それを遵守しなければ塗料特性の効果が落ちるという点です。

しかし、お客様は見積り書に提示された面積でどれくらいの濃度にするのか?
どれくらいの数量(缶数)が必要なのか?
それが分からないというのが現状です。
だからこそ、信頼のおける業者でなければならないという訳なのです。
コープハウジングひろしまは、大手メーカーと提携し「コープオリジナル塗料」を開発いたしました。

塗料の発注数量も外壁面積からメーカーに必要数量を計算、発注いたします。
精度の高い数量となっており、あまった数量はもちろん作業者スタッフのチェックも徹底しています。

だから安心してリフォームをお任せいただけるという訳なのです。

ページトップへ戻る