お問い合せ・資料請求
安全に歩行するためのリフォーム 広島市 T様邸

安全に歩行するためのリフォーム

介護

リフォームデータ

施工箇所
玄関、屋外
工事期間
3日

一人ひとりに合った最適な改修プラン

T様は数ヶ月前に事故に遭い、歩行が困難になりました。
リハビリの為にも、家の中でも歩くようにしたいと、リフォームの問合せをいただき、その時は床の張替え、手摺りの取り付け工事をしました。
生活をしているうちに、もう少し手摺りがあれば・・・と思われ、再度手摺りの取り付けを検討されました。
外部アプローチに関しては、T様邸のスロープは傾斜が急で転倒の危険があり、T様が使用している四点支持の杖には、少し不向きだったりします。しかし、T様邸では十分な傾斜が取れず、思い切って階段にすることにしました。
階段は出来るだけ踏み面を大きく、蹴上げを小さくという所を重視しました。また手が滑ったりしないように手摺りの素材にもこだわりました。

Beforeリフォーム前

  • リフォーム前写真 傾斜が急で転倒の危険があったスロープ

Afterリフォーム後

  • リフォーム後写真 拡大する 手摺り(屋内) 生活をしていく中で、ここにも手摺りがあれば・・・と思うように。
  • リフォーム後写真 拡大する T様が使用している四点支持の杖 以前のスロープは傾斜が急で危険でした
  • リフォーム後写真 拡大する 手摺り(屋外) 少しでも暮らしやすくなるように手摺りを増設
大賀

工務主任
大賀

担当者のコメント

現在T様のケガも良くなり、初めてお会いした頃よりも、見違えるほど元気になられましたが、今回の工事で、もっと元気になられることを祈っています。

Other Worksその他の事例

ページトップへ戻る