お問い合せ・資料請求
安芸太田町の家 山県郡 K様邸

安芸太田町の家

自然素材

裸足で歩くと心地良い床

すきま風の多い、暗く寒い家から脱却したいという施主様からのご要望を聞き取った上で、プランの提案を前に、以前同じような工事をした現場の見学をして頂きました。

天井を取り払った感じを実際に見られると「これはすごい。我が家でも、同じようになるならやりたい。」というお言葉を頂きました。床・壁・天井・窓に断熱対策を施し、快適な居住スペースとなりました。

天井を取り払い、立派な梁を見せることで開放感のある空間になりました。寝室にも、トップライトを設置し明るい空間に。納戸は断熱と調湿を考慮し、全面を無垢材で仕上げました。

Beforeリフォーム前

  • リフォーム前写真    
  • リフォーム前写真    

Afterリフォーム後

  • リフォーム後写真 拡大する キッチン   
  • リフォーム後写真 拡大する キッチン収納   
  • リフォーム後写真 拡大する 寝室   
  • リフォーム後写真 拡大する 中廊下   
  • リフォーム後写真 拡大する 納戸   
  • リフォーム後写真 拡大する 和室   
新井

取締役 営業部長
新井

担当者のコメント

和室にポツンと置いていた仏壇をきちんと仏間に収め、開きの襖は仏壇の中に引き込めるシャッター式に。余ったスペースは廊下側よりの収納(仏具・掛け軸)にしました。

また「襖の掛け軸は先祖からの大切なもの」ということで、表装し直し、思い出を保存しました。
床は断熱材を入れ、12mmのコンパネを捨て貼りし、その上にナラの無垢材無塗装品で仕上げました。

「じーちゃんちは寒い!」と言っていたお孫さんも来る回数が増えたそうです。
また「床を裸足で歩く感触が心地いい」という施主様からの感想も頂きました。

今回の安心・安全ポイント

建物が古いため、事前の調査を行い、仕上げで見える梁や桁はなるべく使用して、仕上げで隠れる部分については、ほとんどの構造材を新しくし、耐震補強をした。

いったん、スケルトン状態にして、雨漏りの有無やすきま風の原因となっている箇所を確認し、対策を施したところをお施主様に確認頂いた上で工事を行うことで安心して頂きました。

Other Worksその他の事例

ページトップへ戻る