この商品を使ったレシピはこちら

大好評!組合員さんの声

竹原市の組合員さん

この商品は練り物以外に、じゃがいも天や玉ねぎ天などが入っていて、楽しいんよ

広島市の組合員さん

もちきんちゃくまで入って、この値段。お買い得だと思います

広島市の組合員さん

添加物を極力抑えているということで、安心して食べられそうです

ぜったいうまい理由(わけ)その1

新鮮な材料を使用し添加物を抑えます

一般に売られているおでんセットの中の練り物には、リン酸塩という添加物が使われています。このリン酸塩は、保水性を高めるもので、これを入れることでつなぎがよくなります(形が崩れにくくなります)が、「使わないでいい添加物は使わない」という考えから、「CO・OPあつあつおでんだねセット」の練り物には使用していません。新鮮な材料を使うことで、添加物の使用を抑えているのです。

ぜったいうまい理由(わけ)その2

人気の具材10種を厳選

みなさんは、おでんの具材で何が好きですか?ごぼう天、がんも、もち巾着・・・いろいろありますよね。「CO・OPあつあつおでんだねセット」には、人気のある10種類の具材が2個ずつ入っています。これらの具材については日生協が毎年見直しを行っており、人気の高い具材をそろえています。

ぜったいうまい理由(わけ)その3

あえて「つゆ」は付けていません!

各家庭のおでんの味はそれぞれ違うため、「CO・OPあつあつおでんだねセット」にはたれがついていないので注意してください!おでんのたれは、「CO・OPおでんの素」や「CO・OP白だし」を使って簡単に作ることができますので、ぜひたれも生協商品を使って作りましょう!

マスターしよう♪ おいしいおでんを作るコツ

① 大根の下ごしらえ
大根の角が煮崩れないように、包丁で角をくるりとむきます(面取り)。
そして、包丁で十文字の切り目を入れます。

② 硬いものから先に煮込む
大きめの鍋にたっぷりと煮汁を張り、すじ肉や大根など、
硬いものや味がしみにくいものから先に入れて煮込みます。

③ 揚げ物は湯通ししてから
「CO・OPあつあつおでんだねセット」は鍋に入れる前にさっと湯通しします。
具材をざるに並べて熱湯を回しかけ、表面の油を落とします。
これをすることで味しみがよくなり、またおでんの汁がにごりにくくなります。

④ ふたをしない
加熱時にふたをすると、おでんだねが膨らみ、
うまみが逃げてしまいます。
ふたをする場合は、
ふたを少しずらすのがポイントです。

⑤ 沸騰させない
おでんだねを入れたら沸騰させないでください。
うまみが逃げてしまいます。
15~20分くらい、温める感じで火を通せばOK。

ぜったいじまんレシピ
組合員さん考案のオリジナルレシピをご紹介!
みなさんも「CO・OP あつあつおでんだねセット」を使って、簡単・おいしいクッキングをお試しください!

残ったおでんが簡単に変身。「おでんの炊き込みご飯」 詳細はこちら

残ったおでんが簡単に変身。「おでんの炊き込みご飯」

【材料】4人分

米  2合
おでんの残り(具材) 適量
おでんのだし汁  米2合分

残ったおでんが簡単に変身。「おでんの炊き込みご飯」

残ったおでんが簡単に変身。「おでんの炊き込みご飯」

【材料】4人分

米  2合
おでんの残り(具材) 適量
おでんのだし汁  米2合分

作り方

① 米を洗い、水を切ります。炊飯器に米とおでんのだし汁を入れます。
② おでんの具材をそれぞれ食べやすい大きさに切ります。
③ ①に②を加え、炊きます。
④ 炊き上がったら軽く混ぜ合わせてできあがり!

ページの先頭へ戻る