葉とらずりんご

葉とらずりんご

商品特徴

葉とらずりんごとは、外観重視の従来型の栽培方式と異なり、見かけより味を重視した栽培方法です。葉を適度に残すことによって、実に葉型は残りますが、糖度がのったおいしいりんごができます。

産地情報

青森県津軽地方で栽培。北緯42度が北半球におけるりんご栽培適地と言われており、青森県はまさに最高の適地です。昼夜の寒暖差が実のしっかりとした甘くてジューシーなりんごを作ります。

出荷時期

産地交流

2017年10月24日(火)~25日(水)、組合員さんと職員で産地を訪れ、りんご畑や選果場の見学と生産者さんとの交流を行いました。
約30年りんごの生産をしている生産者さんは、「毎年1年生。大変なこともあるけど、りんごの実がたくさんなっている風景を見ると喜びを感じますよ」と話しておられました。