南高梅・青梅

南高梅・青梅

商品特徴

●農薬や化学肥料をできるだけ減らして栽培しています
●有機質肥料を使用し、安全や環境に配慮しています

産地情報

世界遺産にも登録された高野山や桜の吉野にほど近い緑豊かな地域。
農園は中山間部に広がっており、山際の斜面で栽培しています。水はけがよく果樹栽培に適した土地柄です。
美吉野農園組合では、農薬をできる限り少なくし、有機肥料を使って安全で環境にも配慮した自立できる農業を目指して取り組んでいます。

商品情報

梅は大きさや使用用途(梅酒・漬け梅等)が幅広く、日本人の生活に根付いた果物です。
5月下旬より収穫を開始し、梅の品種でも小さい小梅から収穫します。小梅が終わると、青梅を収穫、最後に漬け梅用の梅の収穫となります。

おすすめレシピ

梅干し

【材料】
漬け梅用の梅1kg、塩(梅の18%)180g、もみじそ250~300g

【作り方】
①梅を水洗いし、ざるにあげて水気をきります。
②水気が切れたら梅と塩が交互になるように漬け込みます。
③漬け込んだら上に押しぶたを乗せ、重石(梅の1~1.5倍)を置きます。
④冷暗所で保存し3~4日すると梅酢があがり、2週間ほどで漬けあがります。
⑤漬けあがったら晴天の日を選び、梅を取り出して盆ざるに広げて天日に干します。雨に濡れないようにし、時々裏返してください。
⑥天日干しが終われば、もみしそと交互に漬け込みます。

梅ジャム

【材料】梅1kg、砂糖800g

【作り方】
①青梅はサッと水洗いし、ヘタを竹串などで丁寧に取り除く。
②鍋(ホーロー製かガラス製)に梅を入れ、たっぷりと水を注ぎ中火にかける。手でゆっくり混ぜながらゆでる。50度(熱さを手で感じる)程度になったら水を捨てる。再び、鍋に新しい水を入れ、手で混ぜて、熱くなったら取りかえる。
③これを、固い梅なら2~3回、完熟梅なら1~2回繰り返す。ゆで上がった梅をざるに上げて水気をきり、冷ます。
④種を取り除く
⑤実を包丁で刻んで細かくする。なめらかな仕上がりにしたい時はさらに裏ごしする。
⑥鍋に、つぶした果肉を入れ、砂糖の3分の1の量を加え、よく混ぜ合わせて中火にかける。なべ底が焦げ付かないように注意しながら絶えずかき混ぜながら煮る。
⑦ブクブクと煮立ってきたら、残りの砂糖の半分を加えて、5分ほど煮る。このまま弱火で5分ほど煮る。砂糖を全部加えて砂糖が全部溶けたら出来上がり。
⑧熱いうちに煮沸殺菌したビンに詰める。