FACE 産直75℃牛乳甲奴からの贈りもの

FACE 産直75℃牛乳甲奴からの贈りもの

商品特徴

●乳脂肪分3.5%以上。広島県甲奴地区の酪農家に限定
●工場受け入れ時の生菌数がより安定した生乳を高温短時間(75℃で15秒間)殺菌処理、風味を美味しさを損なわない自然に近い味を実現
●賞味期間 6日(お届け日を含め4日)
●製造委託先 山陽乳業株式会社

産地情報

高地に位置する甲奴地区は、暑さや多湿に弱いホルスタイン牛の飼育に適した地域です。
乳成分が安定していて細菌数が少なく、乳質の高さは県内でもトップクラス。「甲奴からの贈りもの」は、その中でも乳質が優れた指定酪農家の生乳に限定して使用しています。
また、産地から製造委託先の山陽乳業(株)の工場までは、車で1時間の近さ。新鮮なまま運ばれた生乳は、生協向けのタンクに貯乳され、敏速に殺菌処理されます

商品情報

高温短時間殺菌(75℃15秒殺菌)の牛乳
一般に出回っているのは超高温短時間殺菌(130℃2秒)で、生協ひろしま取り扱いの牛乳も、「甲奴からの贈りもの」以外は、「産直3.5牛乳高野備北の恵み」をはじめとするすべての牛乳がこれにあたります。
なぜ「75℃15秒」なの?
牛乳の殺菌温度方法については、「乳等省令」で細かく定められています。その中にいくつか種類があり、殺菌温度によって「低温殺菌」「高温殺菌」「超高温殺菌」等に分類されています。 タンパク質は熱によって変性するため、超高温殺菌牛乳は独特な風味が加わります(香ばしいとか焦げ臭などと表現されます)。それを防ぐのが低温殺菌ですが、65℃30分という長い殺菌時間と、それでも菌が死滅しないこと、価格が高くなることというデメリットがあります。 しぼりたてに近い風味を残しつつ効率よく殺菌し、比較的利用しやすい価格でお届けできるのが「75℃15秒殺菌 甲奴からの贈りもの」。しかし、超高温殺菌牛乳に比べると賞味期間が短いのでご注意ください。
75℃15秒殺菌を実現するために
生産者は、細菌数の少ない良質な乳を搾乳するため、牛の乳頭や乳房を念入りに洗浄し、一頭ずつ丁寧に搾乳します。牛舎の清掃や機器の洗浄など、徹底した衛生管理を行い、最近に汚染されない環境づくりに取り組んでいます。

産地交流

2013年10月19日(土)、生産者との交流会が開催され、組合員約90名が産地を訪れました。当日は生産工場内の見学やバター作り体験、生産者と一緒にバーベキューなどをして交流を深めました。昼食後には、生産酪農家のひとつである松本牧場を訪問。牛舎の見学や仔牛へのミルクやり体験などをして牛とふれあいました。子ども達は、見慣れない牛を目の前に少し怖そうな表情を浮かべていましたが、エサをあたえたあとは少し自慢げな笑顔で牛との時間を楽しんでいました。