生協米特別栽培米こしひかり(広島産)

生協米特別栽培米こしひかり(広島産)

商品特徴

●特別栽培米として、農薬や化学肥料を通常の半分以下に抑えて栽培。必要な養分を有機質肥料でまかない、農薬の使用を最低限に抑えています。作る人・食べる人・環境にも優しいお米です。

産地情報

広島県の北部の3JA(庄原、三次、広島北部)で生産。標高200m~500mの冷涼な気候の下、中国山地の豊富な水資源を使用した米づくりが行われています。
産地では地力のある土づくりを実現していますが、肥沃な田んぼであるがゆえどうしても草が生えます。しかし、使用できる農薬が限られているため除草に手間がかかります。
できる限り農薬を使わないことで、地域の生き物の多様性も守られ、地域の自然環境の保全にもつながっています。

商品情報

食味は粘りが強く、つや・香りに優れ、冷めてもおいしいと人気の高いお米です。
年間登録をしていただくと精米後1週間以内のお米を定期的にお届けします。

【お米のおいしい炊き方】
●精米技術が進んでいるので、お米はゴシゴシ研ぐ必要はありません。「すすぎ洗いを5回」が目安。素早く、やさしく洗いましょう。
●炊き方のコツは、水加減と炊く前の浸水です。お米をきちんと計って、20分以上浸水してから炊飯するようにしましょう。

産地交流

産地のひとつ安芸高田市の於手保では、毎年、組合員さんと「米づくりの会」を結成、産地との交流を深めています。(米づくりの会が田植え・収穫するお米の品種はあきろまんです)
田植えから草刈り、収穫までの米づくりについてシーズンを通して行うことで、収穫祭をおこなうときには生産者さんと組合員さんがすっかり顔なじみに。
参加している子どもたちがふるさとで過ごしているかのように、のびのび、イキイキとしているのが印象的な交流会です。(写真は生き物調査を行っている様子)