産直広島あじわい豚

産直広島あじわい豚

商品特徴

●飼料と品質にこだわったやわらかい食感とあっさりした脂身の豚肉です
●広島生まれ、広島育ちの産直豚です

産地情報

産地は広島県三次市三良坂町。11万平方メートル以上の広大な敷地に、繁殖棟、分娩棟、離乳棟、肥育棟の計12棟が並んでいます。
ここでは、豚舎内外の衛生管理に特に気をつけています。豚舎異動では、一斉に豚を入れて飼育し、その豚を一斉に出荷する「オールイン・オールアウト方式」を採用。空舎にして、清浄・消毒を行い、衛生的な豚舎にする手法をとっています。また、農場内への病気の侵入を防ぐため、日頃から豚や人、車両などの出入りを必要最小限に制限しています。

商品情報

産直広島あじわい豚は、3種の優れた(おいしさ・病気への強さ・繁殖性)品種をかけあわせた、三元交配豚を使用しています。また、国産米の自給率向上の視点から配合飼料に「飼料用米」を配合。飼料による肉質の違いを、組合員さんと食べ比べを行いながら確かめて評価の高かった飼料を使用しています。

生産者交流

2016年3月4日(金)、広島産直あじわい豚のこだわりを学ぶため、JAミートフーズ㈱の工場見学に行ってきました。肉のカットとパック詰め作業を見学し、安全安心なお肉を届けるための工夫や管理方法を詳しく楽しく説明していただきました。また、豚舎の徹底した衛生管理、飼育、環境へのこだわりも学びました。

「ロース肉の塊を1切れ130gの豚カツ用にカットする」を実際に参加者の方に体験してもらうと、大体の人が規定量よりオーバー!分厚くカットされた肉でたいへん豪華な豚カツをいただくことができました(笑)
冷凍の肉のワンポイントアドバイスを教えてもらいました!
〇夕食に使う肉は朝から冷蔵庫で徐々に解凍、間違っても冷凍のまま調理しないでください。パサパサの食感になります。
〇冷蔵肉を冷凍する場合はパックのままではなく、ラップに包み変えて真空状態で冷凍すると解凍したときに旨味が逃げにくいです。
※ 心に残ったメーカーさんの一言…生産者は愛情を込めて大事に大事に育てます。加工する者も細心の注意を払って作業をします。そんなこだわりたっぷりの商品が最後の最後、調理(解凍)のときに台無しにならないように願っています。
<大竹・廿日市コープ委員長会>