FACE 生協産直こめたまご・産直こめたまご(白)

FACE 生協産直こめたまご・産直こめたまご(白)

商品特徴

【産直こめたまご】
●親鶏の品種はソニア、殻がピンク色のたまごです
●親鶏には生協ひろしま専用の飼料「らんらんマッシュ」に広島県産飼料用米を10%配合した飼料を与えています。
*「らんらんマッシュ」にはポストハーベストフリー・NON-GMOのとうもろこしと大豆かすを使用
●広島県産の飼料用米を使用することで、地産地消の推進、水田の有効活用などに貢献しています
【産直白たまご】
●親鶏の品種はジュリア、殻が白色のたまごです
●親鶏の飼料には、ポストハーベストフリー・NON-GMOのとうもろこしに広島県産飼料用米を10%配合したを使用した飼料を与えています

産地情報

経済効率だけを考えたウィンドレス(窓のない)鶏舎ではなく、ケージ飼いであっても自然の光と風の入る開放鶏舎を原則としています。

商品情報

作り手の顔が見える「生産者カード」
生産者カードには原産地、生産者、保存方法、販売者、選別包装者などの情報が記載されています。また、トレースコードを携帯電話で読み込むと、その商品に関する「雛の孵化状況から衛生管理状況まで」の情報が得られます。
卵殻には賞味期限を直接印字
パックから出しても賞味期限がわかるよう、たまご一つ一つの卵殻に賞味期限が印字されています。使用するインクは、食品添加物として厚生労働省から許可された浸透性のない特殊インクです。

Q&A

黄身の色が濃いほうが栄養価が高いの?
卵黄の色の濃淡の違いは直接栄養価には関係ありません。黄身の色は、配合飼料の素材の割合によって決まります。黄身の色を濃くするエサとしてパプリカ、人参、黄色とうもろこし、アルファルファなどがよく利用されています。
有精卵の方が無精卵より栄養価が高いの?
分析をしても栄養価の差はほとんどみとめられません。

産地交流

2014年9月7日(日)、生協ひろしまの産直商品「産直たまご」の産地世羅町で第12回らんらん交流会が開催されました。交流会には組合員や生産者など148名が参加。ひよことのふれあいやたまご料理の試食、たまごクイズなどの企画を楽しみました。参加者からは「ひよことのふれあいが楽しかった」「たまごをあまり食べない子どもがたくさんたべた」などの声が聞こえ、笑顔があふれる一日となりました。