生協米特別栽培米 ひとめぼれ(宮城産)

生協米特別栽培米 ひとめぼれ(宮城産)

生協米特別栽培米 ひとめぼれ(宮城産)

商品特徴

土づくりを継続し地力の維持に努めています。お米につやがあり、トータルバランスの良い良食味米。

産地情報

より安全なお米を届けたい
特別栽培農産物
宮城県慣行栽培
こだわり
生産者全員の食味分析を実施しています。分析結果については生産者へフィートバックし、施肥改善を助長し食味向上に努めています。粒張りのある美味しい米に仕上げるため、堆肥センターや畜産農家の良質な堆肥を投入し土づくりを進めています。

生産地域の特徴

JAいしのまき管内は、沖積平野が広がり、新旧北上川や鳴瀬川の豊かな水源に恵まれています。水田面積は12,000ヘクタールと、県内有数の豊かな穀倉地帯をつくりあげています。
太平洋に面した海洋性気候で、真夏でも夜の気温はあまり上りません。9月、10月の平均日照時間は県内でもっとも長く、稲は「ゆっくり」そして「しっかり」と登熟し、まさに「おいしい米づくり」に適した環境です。
JAいしのまき米は、おいしいお米の条件「水、大地、気候、地形」のすべてに恵まれ、稲作生産農家の惜しみない努力により、伊達藩から続くコメづくりの伝統を今に引き継いでいます。

ひとめぼれの特徴

コシヒカリを母に、初星を父に平成3年から栽培された品種で、今では、全国各地で栽培され、品種別国内生産量でも上位の「ひとめぼれ」ですが、生まれは宮城県古川農業試験場で、宮城の気候風土に合わせて育成された品種です。
お米につやがあり、適度な粘りとサッパリした口あたり、まさに「おいしさ」に“ひとめぼれ”出来る美しく美味しいお米です。また、粘り・つや・うまみ・香りのトータルバランスが良いことから、いろいろな料理にぴったりで、料理の幅を広げてくれるお米です。