活動日記

【産直広島あじわい豚】工場見学&試食2016/03/30

産直広島あじわい豚のこだわりを学びました

味わい~5.JPG 3月4日(金)、JAミートフーズ㈱の工場見学に行ってきました。肉のカットとパック詰め作業を見学し、安全安心なお肉を届けるための工夫や管理方法を詳しく楽しく説明していただきました。また、豚舎の徹底した衛生管理、飼育、環境へのこだわりも学びました。

「ロース肉の塊を1切れ130gの豚カツ用にカットする」を実際に参加者の方に体験してもらうと、大体の人が規定量よりオーバー!分厚くカットされた肉でたいへん豪華な豚カツをいただくことができました(笑)
 冷凍の肉のワンポイントアドバイスを教えてもらいました!
〇夕食に使う肉は朝から冷蔵庫で徐々に解凍、間違っても冷凍のまま調理しないでください。パサパサの食感になります。
〇冷蔵肉を冷凍する場合はパックのままではなく、ラップに包み変えて真空状態で冷凍すると解凍したときに旨味が逃げにくいです。
※ 心に残ったメーカーさんの一言…生産者は愛情を込めて大事に大事に育てます。加工する者も細心の注意を払って作業をします。そんなこだわりたっぷりの商品が最後の最後、調理(解凍)のときに台無しにならないように願っています。
<大竹・廿日市コープ委員長会>

 

 

 

 

 

 

味わい~1.JPG 味わい~2.JPG
 4kgのロースの塊を持たせてもらいました  メーカーさんを豚に見立てて…ロースはこの位置です!!
味わい~3.JPG 味わい~4.JPG
 ロースを130gに切ってみましょう!  規格外の分厚いトンカツ肉になりました